初めての振袖着付け現場を振り返る

皆さん、こんにちは。きもの晴るの角田です。


お正月気分もすっかり抜けて、成人式の振袖着付けも無事に終わりほっとしております☺️


私たちのチームは10名で200名近くのお嬢様の成人式振袖お着付けをさせていただきました。ありがとうございました✨

今年の現場は

福島、群馬、東京と携わらせていただきました。

毎年少しずつ変わるヘアセットや着付けの流行に刺激を受けながらも楽しくお着付け👘

最初で最後の成人式の振袖。

そう思うと、担当させていただいたお嬢様たちの人生の節目に関われることに緊張しながらもとても嬉しく思います。

この日に向けて練習に励んできた生徒さんも手早く綺麗に仕上げていて、成長する姿にウルッときました。

初めての現場デビューにして、大役なので不安とわくわくを抱えて当日に臨んだ生徒さんもいます。



私も着付師になりたての頃のことを思い出すと、不安だけれどもわくわくしていた感情が思い起こされます。


どんな振袖で、どんなお嬢様だろう、ちゃんとうまくできるかな。そんなことを考えていたように思います。

マンションの一室から

一人で始めた小さな着付け教室でしたが、今では先生候補の頼もしい生徒さんや

一緒に着付けのお仕事ができる仲間として成長している生徒さんと

応援してくださるレンタルや出張着付けご利用のお客様に支えられて活躍の場が広がっています。

もう少しで立春。

春がやってきます🌸

今年の春はきもの晴るの教室も活動の場を広げていきます。

きもの晴るでは、


「好きな着物でお仕事をしてみたい!」

「プロの着付師や着付け講師にいつかなってみたい!」

そんな方を仲間にお迎えして、一緒に着物業界を盛り上げていきたいです。

着付け教室のレッスン開講日はこちらからご確認ください。

https://www.kimonoharu.com/calender

通常のコースレッスンのほか、どなたでも参加できる月1着付けワークショップも企画中です。

春に向けて、これからも楽しみです!


角田

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示